浮き苗差し

5月5日17度 曇り一時雨 浮き苗差しですが、これが大変で腰が痛くなります。新たに増やした田は砂地で浮き苗が多く、深いところもあり、今年はまんべんなく植えることはできませんでしたが、数年わらなどをすき込むことで、均等で柔らかくなるのだと思います。カエルの大合唱が聞こえます。

水深5cm以上にして一発除草剤ゼータハンマーを2袋(10個入り)を投げ入れて田植えは無事終了しました。投入後は一時的になるべく土を動かさないことだそうです。

代掻き後は水の浸透が減るようで今後はポンプは24時間25mmのみでよさそうですが気候によりタイマーや、もう1台ポンプを追加するなどして水位を調整します。

ラッキョと玉ねぎの早採りをしました。ラッキョは味噌をつけてそのまま食べるととてもおいしいです。玉ねぎは酢味噌で和えていただきます。

田植え

5月4日 曇り 16度 2反部の田植えです。午前中に昨年より5箱多い苗37箱を受け取り午後から田植えですが田植え機からガソリンが漏れていたので急遽ホースを交換し田植え開始となりました。1年ぶりなので故障しないか心配でしたが田植え機は快調で3時間くらいで無事終了しました。農機は古くてもすごい。苗にはドクターオリゼを施してから植えました。

今年はなるべく手植えが無いように動画などで研究したつもりですが、まだまだ手植えの部分があります。又、37箱では少し足りないようで来年は39箱の苗を購入しようと思います。苗が足りないこともあり水を入れているところには植えないようにしていますので今年は稲刈りの際に青田刈りをせずに済みそうです。

 

代掻き

5月3日 曇りのち雨 水を入れ始めてから5日目、トラクターで何周も踏みつけて水が全体に回るようにして、ようやく代掻きをしました。広げた田もなんとか田植えができそうです。最後にトラクターに角材をぶら下げて全体を均しました。

今年は丸1日トラクターでロータリーを回しバックをして土を移動させたり、均したりで時間がかかりました。古い機械ですがよく働いてくれてお疲れさまでした。

水入れ開始

4月29日 晴れ 24度 電動ポンプ20mmと25mmエンジンポンプの3台で水を入れ始めました。乾燥していたため5月3日にやっと代掻きをしました。

目測で土を鋤取り広げた田は砂地で高低差もあり水を吸い込むし水の回りが悪いのでスコップで掘り水を回しました。

ユンボで長芋づくり

 

4月22日晴れ29度4月の観測史上最高の気温だそうですが乾燥していてさほど暑くはなく作業しています。ユンボで埋め戻し20から30cmの畝をつくり長芋の種イモを50cm間隔で植えて間にブレンドした肥料を入れました。

長芋は初めてなのですが、手掘りではさすがに大変ですが、ユンボがあるので今年は今まで作らなかった野菜作りを試みます。

ひとめぼれの肥料

4月21日 晴れ27度夏のような気温ですが湿度な低いためかさほど暑さは感じません。田にひとめぼれ専用肥料4体を撒きました。

今年はユンボという強い味方があるためで60cmほど掘り下げ、土を柔らかくして長芋を植えるための準備をしました。

昨年より早い種蒔き

4月15日 晴れ17度 今年は昨年より1か月くらい早く種を植えています。まずはマルチに大根を植えました。17日にマルチにトウモロコシを植えました。

15日から17日にかけてトマト、唐辛子、オクラ、キュウリ、ウリ、ナス、トウガン、スイカ、キャベツ、ゴウヤ、ネギ、カボチャなどの種をポットに植えました。種は購入してから数年たったものや、自家で採ったものなども植えたので発芽しないかもしれません。後は苗を植えるときに直播きします。

田が完成

4月1日 晴れ17度 桜開花です。田が完成しました。高低差は水を入れてみないと何ともわかりません。

この後、今までの田の堤塘も整備しました。その際にドジョウが1匹土の中で生きていたので、バケツに水を入れ生かしておいて後で田に返します。カエルもたくさんいました。

畑を田にします。

3月25日 晴れ16度 東京では桜が満開で春が来ました。

昨年から計画していた大雨が降ると冠水する畑の半分を田にする作業を開始しました。今までの畔を取り除き、新たな畔を作り、盤を壊さないよう表土をはぎ取り片方に寄せ畑は高くします。これで3畝程、田が増え畑も使えます。修理したユンボで作業しましたが、まだ少しオイル漏れがします。